レイナルド・エオレ

2haの畑を1人で管理している、超マイクロワイナリー!
「レイナルド・エオレ」

フランス ロワール



レイナルドは1997年、会計学校を卒業後、サン・テミリオンのBTSで2年間栽培と醸造を学びました。 1999年にニュイ・サン・ジョルジュのドメーヌで従業員として働き、2000年、立上げの準備のために 地元のクレリ・サン・タンドレに戻り、地元のワイン農協で働きます。 準備の整った2004年にドメーヌをスタートさせました。現在 2 ha の畑を一人で管理しています。

同時に、レ・カイユ・デュ・パラディの良き個人顧客でクルトワとも親しい間柄だったレイナルド。 2005 年に「自らのドメーヌと掛け持ちしながら従業員として働かないか?」というクルトワからの オファーがあり、それを快諾し、現在ドメーヌとレ・カイユ・デュ・パラディの従業員の二足のわらじを履いています。

ワインは基本的にノンフィルター、長期樽熟成が特徴です。 彼にとっての瓶詰めのタイミングは、ブドウ由来の果実味が熟成によって削ぎ落とされ、果実味に隠れていたミネラルが 表に出始めた瞬間で、テイスティングによって判断します。長い時は 2 年以上の熟成を要します。 「一般的なロワールのワインはフレッシュかつ果実味がエレガントで飲みやすいが、一方で、熟成が短すぎるために 果実味の裏にあるミネラルが見えづらく、私にとっては少々暴れたワインが多い」と感じているそうです。

彼がワインに求めるものは 「ブドウのもつミネラルとフィネスを最大限ワインに反映する」こととと「ユニークであること」。 彼の赤ワイン「L’Insoumis」のエチケットに描かれる黒い羊に象徴されるように、性格的にはグループに属するのを 好まない一匹狼的なところがあり、彼のワイン哲学にもその独特の世界観が色濃く表れています。

並び替え
表示切替
 1 - 7件目(全7件中) 
1 - 7件目(全7件中)