ミッシェル・グロ

ブルゴーニュ伝説の造り手”ジャン・グロ”の系譜
「ドメーヌ ミッシェル・グロ」


1830年、グロ家はヴォーヌ・ロマネ村で開業。
今日では、6代目のミシェル・グロが、先祖たちの仕事を受け継いで発展させています。 また、妹はDomaine AF Gros、弟は Domaine Gros Frère et Soeur、従妹は Domaine Anne Grosを経営し、 彼らも同様、グロ家の家業を続けています。

1995年まで自分のドメーヌを経営しながら父のドメーヌを管理してきたミシェルは、単一畑の クロ・デ・レア、ヴォーヌ・ロマネの一級畑、 ニュイ・サンジョルジュの2区画、ヴォーヌ・ ロマネの2区画とACブルゴーニュの一区画を相続しました。

情熱家であり、同時に厳しさをも持ち合わせるミシェル・グロは、ワイン造りに不断の手間をかけています。
畑仕事から瓶詰めに至るまで、各段階の技術を修得。慎ましい性格の彼は、ワインを通じて自分を表現しているのです。 寛大で、繊細でエレガントなワイン。その品質は常に一定しています。

収穫は全て手摘みで行い、その場で選別されます。除梗して温度管理しながら発酵させます。 発酵の前半は一日二回ルモンタージュ、後半はピジャージュを行います。 新樽比率は平均して村名30~40%、一級50~80%、特級100%となります。

<インポーター資料より抜粋>
並び替え
表示切替
 1 - 16件目(全16件中) 
1 - 16件目(全16件中)