ラムズフック

南アフリカにおけるナチュラルワインのパイオニア的存在!
「ラムズフック」

南アフリカ
南アフリカにおけるナチュラルワインのパイオニア的存在のワイナリー!!
南仏で修業したワインメーカーのクレイグ・ホーキンス、アシスタントのヤルゲン・ガウズの2人により、 一躍世界からも注目されるワイナリーとなります。

2015年にオーナーがラムズフック売却をきっかけにクレイグ・ホーキンスが独立、 ヤルゲン・ガウズは別のワイナリーで自分のブランドを立ち上げました。

名前の由来:
ワイナリーの名前の由来として、このスワートランドの地で、ラマーヴァンガーと呼ばれるカザノワシ(体長70–80 cmの大型の猛禽)を 恐れて、雌羊と子羊がワイナリーを囲む森に身を寄せたことに由来して、ラムズフック (羊が身を寄せ合う秘密の場所)と名付けられました。

1999年に設立されたラムズフック、ワイナリーとしてだけでなく、大規模ぶどう農園としての重要な役割を十数年間しており、 隣のワイナリーで、超有名なイーベンサーディなどスワートランドにおけるワイナリーのぶどうを生産してきました。

2008年にクレイグ・ホーキンス(現テスタロンガ)が造り手としてはいったことにより、それまでの体制を変革し、 時間はかかりましたが、2010年よりナチュラルな造り、そして彼の世界観によるワインを2010年~2014年までのヴィンテージを担当し、 世界からも彼の造るラムズフックのワインは一躍人気となり、特に彼独自のブランド、テスタロンガは生産量の少なさもあり入手困難なワインと なってます。


並び替え
表示切替
 1 - 8件目(全8件中) 
1 - 8件目(全8件中)