キンタ・ド・ポルタル

「Quinta do Portal キンタ・ド・ポルタル」

ポルトガル



ポートハウスであるキンタ・ド・ポルタルは、ポルトガル北部のドウロに位置する家族経営の会社です。 ポルトガルのワイン革命の最先端をゆくポートハウスの1つで、世界的に有名なボルドー出身の醸造研究家であり 世界でコンサルタントも務めるパスカル・シャトネが指導しています。数々の受賞ワインを造っていることでも有名です。

ドウロの土着品種を使い高品質のスティルワインと酒精強化ワインを生産。
サスティナブル農法を実践し、この地域の5種類の赤ぶどうを使い、新樽熟成させ、個性ある赤ワインを造っています。 1993年に新樽に投資をし、クラシックスタイルの赤ワインを生産し始めたことは、ドウロ地域では新しい試みでした。

キンタ・ド・ポルタルはファミリーが自社畑をもち、畑からぶどうまで管理をしています。これらは4つのキンタ (キンタ・ダ・アベレイラ、キンタ・ド・コンフラデイロ、キンタ・ドス・ムロス、キンタ・ド・ポルタル)に分けられ、 畑は全部で95ヘクタールになります。
並び替え
表示切替
 1 - 8件目(全8件中) 
1 - 8件目(全8件中)