ドメーヌ・ガングランジェ

ファッフェンハイム村で今、最も注目を集めるドメーヌ
「Domaine Ginglinger ドメーヌ・ガングランジェ」

フランス アルザス




アルザスの異端児ジュラール・シュレールの親戚であるジャン・フランソワ・ガングランジェは、 1999年に父の畑を継いでワイナリーを起ち上げます。

1996年から畑を完全にビオ農法に変え、同時にビオディナミを実践に取り入れました。 2003年から一部SO2無添加のワインを試作していましたが、2012年から本格的にサンスフル のワインスタイルにシフトしました。

現在、ドメーヌはオーナーであるジャン・フランソワが一人で管理しています。彼の所有する品種は、赤はピノノワール、白はリースリング、ゲヴュルツトラミネール、ピノグリ、ピノブラン、ミュスカ、ピノオーセロワ、シルヴァネールです。
並び替え
表示切替
 1 - 25件目(全25件中) 
1 - 25件目(全25件中)