ドメーヌ・バンジュリエール

Domaine Banjouliere ドメーヌ・バンジュリエール
フランス ラングドック・ルーション

ドメーヌ・バンジュリエールは、フランス南部のラングドック・ルーション地方、ナルボンヌの北東に位置するコルネイアン村(CORNEIHAN) に位置し、45ha の畑を所有。先代まではワインをタンク売りしていたが、現当主が2011 年からビオロジック農法に着手し、2014年にエコセールの認証を得て、現在赤2種、白1種の計3キュヴェをドメーヌ名でリリースしている(残りのワインは現在も現役である先代が引き続きタンク売りを行っている)。 このドメーヌの近隣のブドウ畑は幸いにも皆自然農法を取り入れている生産者ばかりで、外部からの農薬の飛来などの悪影響の心配がない環境。自家消費の野菜や卵も全て自然農法で育てている夫妻は、醸造で出たブドウの搾り粕も馬糞や牛糞と混ぜて肥料に使用している。「フルーティーで飲みやすいワインを作りたい」というのが信念。その為、除梗は必ず行い、樽は使わない方針。発酵はステンor ファイバータンクで熟成はコンクリート槽を使用している。
並び替え
表示切替
 1 - 3件目(全3件中) 
1 - 3件目(全3件中)