ドメーヌ・ドゥ・マラヴィエイユ

Domaine de Malavieille ドメーヌ・ドゥ・マラヴィエイユ   自然派 ビオディナミ (AB/demeter)
フランス ラングドック=ルーション


ラングドック地方北部、エロー県の中北部に位置するAOCコトー・デュ・ラングドックのサブ・リージョンであるテラス・デュ・ラルザック(Terrasses du Larzac)に居を構える生産者。 テラス・デュ・ラルザックには、さらに高地のサン・サトゥルナンとモンペイローを含んでおり、更に強いワインを産み出す地域として知られています。 このドメーヌの歴史は現当主のミレイユ・ベルトランの祖母、ジュリエットが1914年にブドウの苗を植えた事から始まるが、耕作の歴史はさらに、フランス革命後の1793年にまで遡り、 土壌は、7億年前に火山が噴火によって流れた溶岩が固まって生成された玄武岩質の赤土と、砂利質によって構成された非常に水はけの良い土壌が中心。 栽培を始めた頃から有機栽培を実践し続けており、その方法を変える事無く2003年にAB、2005年にdemeterの認証を取得し、 家族経営ならではのコストパフォーマンスに優れたビオディナミによるワインを造り続けています。
並び替え
表示切替
 1 - 4件目(全4件中) 
1 - 4件目(全4件中)