シュタッド・クレムス

「シュタッド・クレムス Weingut Stadt Krems」

オーストリア ニーダーエステライヒ州クレムスタール


「シュタッド・クレムスはその起源を、バーベンベルク家のレオポルド4世男爵が1210年に設立した病院所有のワイン畑と、 1452年のウルリッヒ・フォンダハスベルクによって寄進された畑のふたつにまで遡ることができます。

伝統のワイン生産国オーストリアにあっても最も長く輝かしい歴史を誇るワイナリーのひとつ。 クレムスは往時にはウィーンをも凌駕する大都市で、1305年の市の憲章には 「わが市の名誉はそのワイン畑に宿る」と記される程銘醸地としての誇り高い街です。

かつてはそのテロワールの素晴らしさを評価され、ドイツ語圏の50以上に上る王や市町村が、 ワイン畑をクレムスに所有していたといいます。

シュタッド・クレムスの畑とワイナリーは長くクレムス市が所有してきましたが、現在は30haの畑をクレムス市が所有し、 ワイナリー自体は会社組織となり、より高品質のワインを造るための体勢になりました。

もうひとつの大きな変化は、2003年の夏よりフライエ・ヴァインゲルトナー・ヴァッハウの名ワインメーカーとして知られた フリッツ・ミースバウアーがゼネラル・マネージャーとして就任したことです。

ワインの品質が一挙に向上し、銘醸畑のポテンシャルを遺憾なく発揮し始めたのは、 ワイン造りへの情熱と才能に溢れる、このフリッツが手がけた2003年ヴィンテージから。

シュタッド・クレムスは低地オーストリア一帯、特にドナウ川付近の銘醸地帯のワインが持つ、 生き生きとした果実味や土壌由来のミネラルやスパイス、フィネスと複雑さ、といった性質を余すところ 無く表現するワインを造ることを心がけています。同ワイナリーは、グリューナー・ヴェルトリーナーはレスやロームの土壌に、 リースリングは原生岩の土壌に、という具合に最良の適地の斜面を選んで植え分けられた、 歴史的な銘醸畑(テラス状畑)を所有しています。さらに各畑の土壌や方角、斜度、風の強さ・・・といった 各畑のテロワール特性をできるだけ果実風味に封じ込められるよう、最大の努力を払っているのです。

最適な状態で収穫するため、ブドウは全て手摘み。収穫されたブドウには一切果汁調整を行いません。 即ちスキンコンタクトなし、培養酵母の添加なし、MLFなし、そして如何なるカタチの醗酵補助剤の助けを借りることもないのです。 全てブドウの自然の力だけで、ステンレス・スティールタンクかオークの大樽で醗酵が行われます。

2004年ヴィンテージからはグラス・ストッパーを導入するなど、出来上がったワインの品質に最後まで責任を持つために、 日々研究を重ねる、真摯なワイナリーなのです。
*インポーター資料より抜粋

並び替え
表示切替
 1 - 1件目(全1件中) 
1 - 1件目(全1件中)