グアポス・ワイン・プロジェクト

GUAPOS WINE PROJECT グアポス・ワイン・プロジェクト

ポルトガル



Guapos Wine Project(グアポス・ワイン・プロジェクト)はワインメーカーのブルノ・ヴァレンテと ダニエル・コスタの二人が立ち上げたワインのブランドです。ロゴマークに書かれた[1977]は二人の誕生年です。

二人とも15年以上にわたりポルトガルでワイン造りに従事してきました。そんな二人が高品質でユニークなワインを造る為、 2016年にこの新しいブランドを設立しました。

ポルトガル北部のヴィーニョ・ヴェルデ地方に本拠地を構え、地域・気候・ブドウ品種の個性を尊重したワイン造りを進めていきます。 自社で畑は所有していませんが、長年の経験と人脈により優良な畑の所有者と契約し、畑の管理、 ブドウ栽培を一緒に行う事で良質なブドウを手に入れる事が出来るのです。

長い歴史を持つポルトガルワインは、戦争、紛争、宗教など、様々な要因で独自のワイン文化が形成されています。
その為、現在でも250品種を超えるワイン用のブドウ品種が認められています。

1986年のEC加盟をきっかけにワイン法が整備され、設備投資、新しい技術の導入も進みました。 そして、2000年代になり、それまでとは異なるビジョンを持った若いワインメーカーが増えてきました。

ポルトガル独自の多様性を維持しながらも、以前とは違う個性を持つ
ポルトガルワインの生産が増えています。

この「グアポス・ワイン・プロジェクト」のブルノとダニエルも
新しい世代の造り手なのです!

インポーター資料より


◎ヴィーニョ・ヴェルデ(Vinho Verde)

ポルトガルの北西部に位置するミーニョ地区で造られるワイン。 ヴィーニョ・ヴェルデの「ヴェルデ」は日本語の「緑」という意味で日本では「緑のワイン」とも呼ばれている。 近年、世界的にも注目されるワイン生産地。弱発泡性のタイプやフレッシュでさっぱりしたワインというイメージが強いのですが、同地区には9つのサブリージョン(小領域)があり、気候や降水量が異なります。そのおかげでヴィーニョ・ヴェルデには タイプ・スタイルの異なるワインが多数存在するのです。

●ヴィーニョヴェルデのサブリージョン(9分類)
アマランテ(Amarante)アヴェ(Ave) バイアン(Baiao) バスト(Basto) カヴァド(Cavado) リマ(Lima) モンサン・メルガソ(Moncao, Melgaco) パイヴァ(Paiva) ソウザ(Sousa)

Amarante(アマランテ)
ミーニョ地方の内陸部に位置する。内陸のため大西洋からの影響をあまり受けない。 平均的に高度が高く、幅広い温度範囲を持っているので、気候条件はブドウ栽培に適している。 特にアザルやアヴェッソ(白ブドウ)、アマラルやエスパデイロ(黒ブドウ)との相性が良い。 白ワインの特徴は、フルーティーな香りでアルコールが地域の平均よりも少し高め。

Cavado(カヴァド)
ミーニョ地方を東西に走るカヴァド川の河川流域に広がるブドウ栽培地域。この地域の気候は、 主にアリント、ローレイロ、トラジェドゥーラなどの白ブドウの栽培に適しています。 適度な酸味と柑橘系果実、熟したリンゴ、ナシなどのニュアンスも持っています。 カヴァド地域で生産される赤ワインは、主にヴィニャオンやボラカルのものです。 濃いガーネット色で、鮮やかなでフルーティーな香りを放つ。

Baião(バイアン)
ドウロ川に接する地域で、ヴィーニョ・ヴェルデ地域の南端。内陸部にあり、 標高は高めです。気候の特徴としては、寒く乾燥した冬と暑く乾燥した夏で平均的には気温は低め。 この気候条件では、アゼル、アヴェッソ(白ブドウ)やアマラル(黒ブドウ)などの熟成に時間が必要なブドウ品種でも 成熟させる事が出来ます。特にアヴェッソ品種から造られる白ワインの評価が高くフルーティーなアロマとシャープな酸味があります。



並び替え
表示切替
 1 - 3件目(全3件中) 
1 - 3件目(全3件中)