3月決算セール開催!3/29(金)出荷分まで!  詳細はこちらをクリック!

モンティノア・エステイト

「Montinore Estate (モンティノア・エステイト)」

アメリカ・オレゴン

【略歴】 現在の当主はルディ・マルケージ氏。そのルディの祖父母にあたる、カルロとローザは北イタリアのトレンティーノ出身です。 自給自足の生活をしながら暮らし、ワインもまた同様に造っていました。彼らがアメリカの南東へと移住してきたとき、 そこでもまた同じように、自分たちの昔からの伝統とともに生きてきました。そしてそれは、孫であるルディ・マルケージにも受け継がれています。

ルディは長らく東海岸で栽培、醸造から販売までを手掛けてきました。が、オレゴンというワイン生産地域に心をつかまれてしまいました。オレゴンこそが彼の信じる、創造性を引き立たせる場所だったのです。土地そのものの美しさがブドウに成り、ワインへと成る場所だったのです。現在は娘のクリスティンも家業に入り、ジェネラル・マネージャーとして、家族の伝統を受け継いでいます。二人で、協力し合いながら、バイオダイナミックとオーガニックの栽培による、持続可能な農業とワイン造りを行っています。

【畑について】 畑は1982年植樹。200エーカー(80ha)のデメター認証を取得しており、ステラ―認証を取得しています。ウィラメット・ヴァレーA.V.A.の北端に位置し、オレゴン山脈の麓の東向き斜面に畑はあります。ルディは、彼が好むフランス産ワインの多くがビオディナミを実践して栽培されていると気づき、2003年からビオディナミをモンティノア・エステイトで実践し始めました。2007年までにワイナリーでデメターのビオディナミガイドラインに沿うようになりました。2008年にステラーからオーガニック認証を、デメターからビオディナミ認証を取得しました。

持続可能で、より健全な農産物を生みだし、人々を健康にし、そして地球をもまた、健やかに保つのブドウ栽培を心掛けています。

【醸造について】 栽培責任者であるルディの相棒は、醸造責任者スティーブン=ウェーバー。共に連携して、ブドウ栽培からワイン造りまでを行っています。スティーブンは2006年に、モンティノア・エステイトにやってきました。オーストラリアで長らく働き、大規模生産のワインにおいても多くの経験を積んできました。また、アルザスでのワイン造りの経験もあり、冷涼な気候の白品種にも意欲的です。

イタリア人の血を引くルディが目指すのは、食事に寄り添うワイン。彼が食べて育った北イタリア料理を思い、様々な食事に合わせられる味わいを目指しています。


並び替え
表示切替
 1 - 1件目(全1件中) 
1 - 1件目(全1件中)