ブラジルの国民酒 "カシャッサ(カシャーサ)"

  ブラジルの国民酒!
        「Cachaca  カシャッサ」


「カシャッサ(Cachaça)」は、ブラジル産のサトウキビを原料にした蒸留酒。
日本ではまだまだ知名度の低い酒ではありますが、 ブラジルで絶大な人気を誇るこのお酒が、徐々に日本でも注目を浴びてきています。

実はこのカシャッサ、現在世界で第3番目に多く消費される蒸留酒なのです。ブラジル全土で生産されていますが、 特にミナス・ジェライス州が多いとされています。

ラムに似た蒸留酒ですが、サトウキビの絞り汁を直接発酵させてから蒸留しており、 また絞り汁に水を混ぜないのも特徴。単式蒸留器を使用するため雑味が多くなり、また樹の樽で長時間寝かせるため、 まろやかで甘い豊かな香りを放ちます。

カシャッサを使った有名なカクテル: サトウキビが原料だから甘い飲み口が特徴♪

★カイピリーニャ:カシャーサ、ライム、砂糖
ポルトガル語で“田舎の娘さん”という意味。ライムのさわやかさがたまらない、ブラジル定番のカクテル。 ”田舎の娘さん”というネーミングはブラジルでは「国民に親しまれている庶民的カクテル」というニュアンスが込められています。

並び替え
表示切替
 1 - 16件目(全16件中) 
1 - 16件目(全16件中)